データベースやWebサーバーのログなど、企業が保有するさまざまなデータを統合し、分析に利用する「ビッグデータ基盤」。これを、AWS上に構築するユーザー企業が増えている。

 大きな要因は、ストレージやサーバーを柔軟に拡張できるという特徴が、ビッグデータ基盤に適していること。企業が保有するビッグデータはテラバイトクラスになることもある。オンプレミス環境の限られたリソースでは、そんなデータの扱いが難しい。

 AWSであれば、オンラインストレージS3(Amazon Simple Storage Service)で、容量を事実上無制限に拡張できる。AWS上のシステム構築・運用を手掛けるアイレットの吉田真吾氏(cloudpack事業部 エバンジェリスト ソリューションアーキテクト)は、「容量の制約を考えずに済む」と話す。

 AWSのサービスの幅が広がったことも、追い風だ。例えば2014年7月には、リアルタイムのデータ収集・処理を行うAmazon Kinesisが東京リージョンで利用できるようになった。「モバイルアプリやセンサーのように、大量かつ不定期に届くデータを分析する基盤として評価を受けている」(アマゾン データ サービス ジャパン 技術本部 技術本部長 玉川 憲氏)。回転寿司チェーン大手のあきんどスシローがKinesisを採用。全国の店舗の状況をほぼリアルタイムで把握できる基盤を整備した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら