クラウド上にモバイル通信のコアネットワークを持ち、低価格で柔軟性のあるIoT向け通信サービスを提供するソラコム。同社はKDDIと共同でIoT向けの通信サービス「KDDI IoTコネクト Air」を開始すると発表した。両社の狙いと課題はどこにあるのだろうか。

IoT専用の低価格モバイル通信を提供するソラコム

 IoT分野で最近、注目されているベンチャー企業の1つにソラコムがある。同社はIoT向けの通信プラットフォーム「SORACOM」を提供する企業だが、最大の特徴は、携帯電話のコアネットワークを専用の機器を用いるのではなく、クラウドネットワーク上に構築することにより、低価格で柔軟性の高い通信サービスを実現したことにある。

写真1●ソラコム代表取締役社長の玉川憲氏(右)とCTOの安川健太氏(左)。ソラコムが展開する「SORACOM」のサービスは、既にいくつかのIoT関連機器に導入されている。写真は10月18日の「KDDI IoTコネクト Air」発表会より(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 ソラコムがNTTドコモのMVNOとして提供している通信サービス「SORACOM Air」の料金体系を見ると、基本料はデータ通信のみの場合1日5円から。通信料は時間帯と通信速度によって変化する。例えば通信速度の32kbpsの「s1.minimum」の場合、通常時間帯(午前6時から翌日の午前2時まで)であれば通信量1MB当たり上り0.2円、下り0.6円となる。深夜時間帯(午前2時から午前6時まで)の場合は上り0.2円、下り0.2円となる。通信速度は最大2Mbpsまでと低速だが、非常に安価で特徴的な料金体系となっていることが分かるだろう。

 IoT、さらに言うなら自動販売機やスマートメーターなどに用いられている機械間通信(M2M)においては、やり取りするデータは数値の一覧などシンプルな情報のみであることも多く、通信のタイミングも1日1回〜数回と、スマートフォンと比べれば圧倒的に少ない。そうしたことからSORACOM Airでは、それぞれの機器が都合のよいタイミングで、必要な量だけデータ通信ができるよう、ハードルの低い料金設定を設けているわけだ。

 しかもSORACOM Airは基本料が安く、導入のハードルが低いことから、IoTの事業を開始する際にも導入しやすい。ユーザーが自らWebサイト上で回線を一元管理し、必要に応じてプランを変更したり、回線の休止や再開をコントロールしたりできる。そうしたIoT向けに利用しやすい通信環境を実現したことから、ソラコムの注目度は急速に高まっており、2015年9月のサービス開始から、既に4000を超える顧客を獲得しているという。

 またソラコムは、2016年7月に未来創生ファンドからの出資を受け、同ファンドに出資しているトヨタ自動車とのパートナーシップを構築することも発表。トヨタとKDDIが推進する、コネクティッドカー向けグローバル通信プラットフォームに向け、SORACOMのサービス提供に向けた協議を進めるとしており、大手企業との提携によってサービスの利用を大きく拡大させようとしている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら