中国で「Alipay」や「WeChat Pay」など、QRコードを用いたスマートフォン決済の人気が上がっている。こうしたことから、QRコード決済に対する関心が国内でも日増しに高まっているようだ。確かに導入ハードルの低さや利用の手軽さなど、QRコード決済には多くのメリットがあるが、一方でデメリットがあることも忘れてはならない。はたしてQRコードは日本国内でスマートフォン決済を普及させる起爆剤となり得るのだろうか。

中国で広まるQRコード決済が注目を集める

 スマートフォンによる決済手段として最近注目を集めているのが、QRコードを活用した決済方法である。そのきっかけは中国でQRコード決済の利用が急速に広まっていることだ。

 中国ではアリババグループ傘下のAnt Financialが展開する「Alipay」や、テンセントがメッセンジャーアプリ「WeChat」上で提供している「WeChat Pay」によるQRコード決済が人気だ。これらはいずれも、もともとオンラインサービス用の決済手段として使われていたが、スマートフォンに表示したQRコードを読み取ることでオフラインでも決済できる手段となった。これが急速に広まり世界的に注目を集める存在となったのである。

 筆者も実際中国を訪れた際、WeChat PayによるQRコード決済を何度か試したことがある。確かにスマートフォンにQRコードを表示させ、それを店員に読み取ってもらうだけで支払いが済んでしまうので、非常に手軽だ。店舗によっては逆に、店に置いてあるQRコードを客が読み取って、料金を支払うケースもある。いずれにしても複雑な操作は必要はなく、手軽に利用できる。

中国で訪れたレストランでは、AlipayやWeChat Payを使い、テーブルにあるQRコードを読み込んで決済できた(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 さらにQRコード決済には、店舗側にとっても導入ハードルが低いというメリットがある。FeliCaなどNFCを用いた決済手段を導入する場合、それに対応するリーダーが必要であり、機材やシステムの大幅な入れ替えが必要になる。だがQRコード決済はバーコードを読み取るだけでよいことから大規模な投資は必要ない。極端なことを言えばQRコードを紙に貼るだけでも利用できることから、その手軽さが理解できるだろう。

 もちろんQRコード決済が急速に普及したのには、現金の信用が低く店舗での決済手段が乏しいという、中国の決済事情も大きく影響している。だがQRコード決済の利便性が普及を促したこともまた確かであり、大きなポテンシャルを秘めていることから、日本でも導入の動きが進んでいるようだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら