9月7日(現地時間)に米国で発表された、アップルの新しいiPhone「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」は、FeliCaを搭載し、日本でApple Payの提供を開始するとしたことが大きな驚きをもたらしている。その立役者となったのはJR東日本と、同社の電子マネーサービス「Suica」のようだ。Apple Payの日本上陸によって、果たしてモバイルでのSuicaの利用が大きく広がるのだろうか。

大きな注目を集めたiPhoneのFeliCa対応

 毎年大きな話題となる、アップルの新しいiPhoneの発表イベント。今年も例年通り、9月7日に米国・サンフランシスコで発表会が実施され、新機種「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」や、Apple Watchの新機種「Apple Watch Series 2」が発表された。

 今回の新機種において、大きな驚きをもたらしたのが、日本向け対応が大幅に強化されたことである。発表会の最初から、「マリオ」の生みの親である任天堂の代表取締役クリエイティブフェローである宮本茂氏が登場し、iOS向けの新作ゲーム「SUPER MARIO RUN」を発表した。さらに、米ナイアンティックCEOのジョン・ハンケ氏が登壇し、大きなブームをもたらしている「Pokemon GO」(ポケモンGO)のApple Watch対応を発表。日本のコンテンツを前面に打ち出した内容となっていた。

 さらにiPhone 7/7 Plusに関しても、日本でニーズが高いIP67の耐水・防塵仕様になるなど、日本向けの対応強化が明確に打ち出されていた。そうした中でも特に大きな注目を集めたのは、やはりFeliCaを搭載し、日本でのApple Pay提供開始が明確に打ち出されたことではないだろうか。

 非接触のモバイル決済サービスであるApple Payは、リーダーとの通信にNFC-A/B方式が用いており、NFC-A/B方式のリーダーがあまり普及していない日本では提供が難しいとされていた。しかしながらアップルは今回、iPhone 7/7 Plus、そしてApple Watch Series 2にFeliCaを搭載。Suicaによる交通決済のほか、QUICPayとiDの基盤を用いたクレジット決済に対応することにより、日本でのApple Payへの対応を進めてきたのである(写真1)。

写真1●iPhone 7/7 PlusとApple Watch Series 2にはFeliCaが搭載されたことで、日本でもApple Payに対応。Suicaなどが利用できるようになった。写真はアップルのプレスリリースより
[画像のクリックで拡大表示]

 しかもFeliCaが搭載されているのは、日本向けに販売されるモデルのみ。こうした点からも、今回の新機種がいかに日本に重点を置き、Apple Payの普及にアップルが大きく踏み込んだことがよく理解できる。なお、Suicaなどが利用できるとはいえ、Apple Payはあくまでおサイフケータイと別のサービスであり、「楽天Edy」「WAON」などの電子マネーサービスが利用できないといった、多くの相違点がある点には注意されたい。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら