8月2日に開催された、人気スマートフォンゲーム「モンスターストライク」初の単独イベント「モンストフェスティバル2015」において、炎天下の中イベントに列をなした参加者が熱中症で倒れるなど多くのトラブルに見舞われた。なぜ、このような事態になってしまったのだろうか。

真夏のイベントで大きな混乱が発生

 夏休みシーズンを迎え、全国各地で様々なイベントが実施されている。最近ではゲームアプリを中心として、スマートフォンのアプリを提供する事業者が、ファンに向けてリアルイベントを実施する機会が増えている。

 そんなスマートフォンアプリ関連のイベントにおいて、先日大きなトラブルが発生し、テレビで取り上げられるなど大きな話題となった。それは、ミクシィの人気ゲームアプリ「モンスターストライク」の初となる単独イベント「モンストフェスティバル2015」で起きた。

 実際、どのようなトラブルが起こっていたのだろうか。会場の幕張メッセにイベントのキャパシティを超えた多くの人が押し寄せた結果、正午前には入場規制がかかって入場ができなくなった(写真1)。その結果、最寄駅の海浜幕張駅まで行列ができてしまったのだ。30度を超える猛暑の中、数時間にわたって屋外に並んでいたことから、熱中症で倒れる人が続出。各種報道では11人が病院に搬送されたという。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
写真1●「モンストフェスティバル2015」の会場内の様子。非常に多くの人でひしめき合っており、筆者が確認した時点ではグッズ販売コーナーが4時間半待ちという状況であった

 筆者も当日、同イベントの取材のために会場を訪れていたのだが、午前中から入場規制がかけられたことでスタッフに問い詰める人が見られたほか、行列を取り仕切るスタッフが不足しているのか、長蛇の列を管理しきれていない印象を受けた。また会場の中でも、時折再入場規制がかけられたり、具合が悪くなった人が搬送されたりするなど、かなり混乱している様子を実感したのを覚えている。

 そうした事態を招いたことから、ミクシィはお詫びの声明文を出すに至っている。しかしなぜ、人気ゲームアプリのイベントで、ここまで大きな混乱が起こってしまったのだろうか。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら