前回組み立てたロボットの足に続き、目と口を作りましょう。目はWebカメラで作ります(図1)。

図1●ロボットの目を作る
[画像のクリックで拡大表示]
図2●利用するWebカメラ「Logicool HD Webcam C270m」
実勢価格は約2000円。
[画像のクリックで拡大表示]
図3●ラズベイリーパイ専用のカメラモジュール
[画像のクリックで拡大表示]

 Webカメラは「Logicool HD Webcam C270m」を使います(図2)。連載の最後で「耳」を作るとき、このWebカメラに付いているマイクを使えるので一石二鳥です。ほかのWebカメラでもラズベリーパイで利用できるものは多数ありますが、購入前に、それが本当に使えるかどうかをほかの書籍やインターネットで確認することをお勧めします。

 ラズベリーパイ専用のカメラモジュール(図3)はコンパクトでよいのですが、少しばかり値段が高い(3500円~4000円)ため、ここでは利用しません。

Webカメラの画像をブラウザーで見られるようにしよう

 Webカメラから送られてくる映像をブラウザー経由で見られるようにしましょう。「ImageMagick」と「MJPG-streamer」というソフトウエアを使います。

 ラズベリーパイで直接LXTerminalを起動するか、PCのターミナルからラズベリーパイにssh接続して下記のコマンド実行してください(WindowsならTera Termなどを利用、Macなら「ssh pi@rasrobo.local」で接続。パスワードはデフォルトのままなら「raspberry」)。

$ sudo apt-get update 
$ sudo apt-get install subversion libjpeg-dev imagemagick 
$ svn co http://svn.code.sf.net/p/mjpg-streamer/code/mjpg-streamer mjpg-streamer 
$ cd mjpg-streamer 
$ make 
$ sudo make install 

途中で「続行しますか [Y/n]?」というメッセージが表示されたら、「Y」を打ち込んで[Enter]キーを押してインストールを続行します。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら