様々な製品から稼働データなどを収集してビッグデータを分析し、運用・保守や次の製品開発に生かす構想「インダストリアル・インターネット」。GEは2012年11月にそのコンセプトを打ち立て、経営戦略の中核に据えた。そして矢継ぎ早に投資計画や提携戦略を打ち出した。

写真1●米GEのジェフ・イメルト会長兼CEO
[画像のクリックで拡大表示]

 ジェフ・イメルト会長兼CEO(最高経営責任者)は、シリコンバレーに研究所を開設するなど、3年間で10億ドル(約1100億円)をインダストリアル・インターネット関連技術に投資すると宣言(写真1)。シリコンバレーだけで約1000人ものソフトウエア技術者やデータサイエンティストを抱える。グローバルでは、実に8000人規模にまでITエンジニアを拡充した。IT企業と肩を並べ、GEはまるでIT企業になろうとしているようにも思える。

 2014年8月には米EMCや米ヴイエムウェアと組み、分散処理基盤「Hadoop(ハドゥープ)」を使った新しいビッグデータ処理のアーキテクチャー「データレイク」を発表した。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら