「欧州SAPのERP(統合基幹業務システム)を専用クラウドサービスで稼働させたが、開発時は先行ユーザーがなく手探りが続いた」。

 こう話すのは、住友重機械工業 企画本部情報戦略グループの土居砂登志部長だ。同社はSAPのERP「Business Suite powered by SAP HANA」(Suite on HANA)で、会計システムと生産管理系システムの刷新を進めている。

 第一弾として2015年4月に、国内の過半の13拠点に新会計システムを導入したが、このシステムのインフラとして、SAPのクラウドサービス「HANA Enterprise Cloud(HEC)」を採用した。プロジェクト開始当時、HECの先行事例はなかったという。

 HECの初期ユーザーとして、特有の不便さに悩まされたが、工夫によって計画通りにシステムを開発した。

インメモリーDBのHANAを採用

[画像のクリックで拡大表示]

 住友重機械工業は、産業機械の駆動部品や極低温冷凍機などを主力製品とし、アジア、オセアニア、北米、中南米、欧州などグローバルに事業を展開する。海外売上高比率は5割を超える。

 SAPの導入プロジェクトをけん引する、土居部長は「できるだけシステムをグローバルで統一し、業務効率の向上やコスト低減につなげる」と話す。

 新会計システムについては現在、国内の残り8拠点向けと海外拠点向けの開発・展開を進めている(図1)。並行して、部品調達を含む生産管理系システムを開発中だ。2017年3月までに精密機器事業部に試験導入し、結果を基にグローバル展開を検討する。

会計システムを国内外で統一へ、生産管理系もグローバル化視野に
図1 住友重機械工業の基幹系システム導入ロードマップ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら