[画像のクリックで拡大表示]

 「今後は“クラウドファースト”を方針とする」。こう宣言するのは、JFEスチール IT改革推進部長の新田哲理事。システムの移行や新規開発の際には、クラウドを稼働環境の第一の選択肢とする。既存環境に残すのは、何らかの理由でクラウドでは動かせない場合だけだ。

 2014年度の経済産業省「攻めのIT経営銘柄」に選ばれたJFEホールディングス。同グループの中核企業であるJFEスチールは現在、独自クラウド「J-OSCloud」と呼ぶクラウド環境の構築を進めている。2016年4月から本稼働を開始し、既存の業務システムを順次移行する計画だ。

 J-OSCloudは、社内に組み上げたクラウドと、米IBMのパブリッククラウド「SoftLayer」を併用するハイブリッド構成だ。これに加え、以前から活用してきたJFEシステムズのクラウドサービス「JGranz IaaS」も継続利用。IaaS(インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス)としては、この3種類を用いる(図1)。

図1 JFEスチールのクラウド活用の概要
「クラウドファースト」でシステム移行、三つのIaaSを使い分け
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は以前よりPaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)も活用する。米セールスフォース・ドットコムの「Force.com」だ。これら四つのクラウドサービスを用途に応じて使い分ける。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら