今回は「みんなのラズパイコンテスト」の三つの受賞作品を紹介します。優良賞を受賞したDT&T(チーム)と村尾 知美さん、広島県立技術短期大学校と仲間たち(チーム)の作品です。

[優良賞]DT&T(チーム)
テオ・ヤンセン機構を備え日の丸を追う
「Wood Strand Beest」

 「Wood Strand Beest」は、オランダの芸術家テオ・ヤンセン氏の作品「Strand Beest」の機構を持つ木製の歩行ロボットです(図1)。

図1●「Wood Strand Beest」の外観
[画像のクリックで拡大表示]
図2●日の丸を追いかける様子
[画像のクリックで拡大表示]

 テオ・ヤンセン氏のStrand Beestは、風を動力源とし浜辺を歩く作品です。歩行はヤンセンリンク機構と呼ばれる仕組みにより実現されており、まるで生き物のように滑らかで独特な動きをします。本作品は、このヤンセンリンク機構とラズパイを組み合わせることで、日の丸に追従するロボットとなっています(図2)。ラズパイに接続したWebカメラの画像を画像処理ソフト「OpenCV」で解析し、足部に装着した二つのモーターを制御して目標物を追いかけます。

 追従対象まで一定距離まで近付いて止まるという、生き物のような動作パターンが設定されています。「Wood Strand Beest」が日の丸を追う様子は、YouTubeで見ることができます

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら