今回は「みんなのラズパイコンテスト」の二つの受賞作品を紹介します。優秀賞を受賞した京都電創庵(チーム)と長谷部 雅彦さんの作品です。

[優秀賞]京都電創庵(チーム)
遠隔操作で猫と戦う(遊ぶ)ロボット
「ケットシー・デンジャー」

 「ケットシー・デンジャー」は、ネットワーク経由で操作するロボットです(図1)。コンセプトは猫と戦う(遊ぶ)ロボット。右手にねこじゃらしを持ち、左手からは光線が出ます。これらを操作してじゃれようとする猫と遊びます。胸部にはおやつを発射する装置も備えます。足部にはロボット掃除機のRoombaを使って移動します。

図1●猫と戦う(遊ぶ)「ケットシー・デンジャー」
写真は動作調整中の様子。
[画像のクリックで拡大表示]

 頭部にステレオカメラを搭載しており、動画ストリーミングで3D映像をヘッドマウントディスプレイOculus Rift DK2に表示できます。自分がロボットに乗り移ったかのように臨場感のある操作が可能とのこと。ラズパイがロボット全体の制御を担います。搭載したカメラからの動画をPCに配信し、PCからの指示を基にモーターの制御を担うmbedに動作指示を出します。操作には、LEAP Motionやゲームコントローラーを使います。LEAP Motionを使えば、ジェスチャーで操作できます。

 ケットシー・デンジャーの動作調整中の動画をYouTubeで見ることができます

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら