本作品は受賞者の上原直保さん自身に紹介してもらいます。実際の作り方まで解説しますので、ぜひトライしてみてください。

 車を運転していて道を譲ってもらうたびに「みんな混んでいてイライラしているはずなのに優しいなあ。感謝の気持ちはハザードランプの点滅なんかじゃ伝えられないよ」と日頃から思っていました。そこで道を譲ってくれた車に「ありがとう」をちゃんと伝えるために作ったのが「サンキューサインデバイス」です(図1)。

図1●道を譲ってくれた人に感謝を伝える「サンキューサインデバイス」
夜なので見づらいが自分の車に取り付けたところ。

 高輝度なLEDで「Thanks!」と表示し感謝の意を伝えます。ケータイの絵文字やメッセージアプリのスタンプのように、人が楽しくなるような車版のコミュニケーションを目指しました。

 運転中のボタン操作は危ないので、非接触のスイッチにしました。人感センサー、赤外線距離センサー、超音波距離センサーといった選択肢がありますが、最もシンプルな赤外線距離センサーを選びました。センサーに手を近づけると反応し、それをRaspberry Piが感知してLEDを光らせます。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら