今回は「みんなのラズパイコンテスト」の二つの受賞作品を紹介します。TWE-Lite賞を受賞した眞柄 康弘さんの作品と、ハルロック賞を受賞した、えれくら!(チーム)の作品です。

[TWE-Lite賞]眞柄 康弘さん
無線マイコン「TWE-Lite」で実現した
「しゃべる戸締りチェッカー」

 「しゃべる戸締りチェッカー」は、外出前の戸締り確認を素早く行うためのセンサーネットワークです。無線マイコン「TWE-Lite」を使って構築しています。戸締り確認の情報ハブとなるTWE-Lite親機をラズパイに接続し、センサーネットワークから集めた情報をインターネット経由で通知します。自作の雨センサーも製作し、雨が降ったときに窓が開いていると警告することもできます。

図1●窓に取り付けたセンサー子機
写真は太陽電池バージョン。
[画像のクリックで拡大表示]

 戸締り確認システムは、TWE-Liteを開発する東京コスモス電機が提供する無線タグアプリ(Samp_Monitor)を利用して構築しています。窓に取り付けたセンサー子機が窓のロックに内蔵した磁石の位置をリードスイッチで検出することで、施錠されているかどうかを判定します(図1)。センサー子機は、リチウム電池で動くバージョンと太陽電池で動くバージョンの2種類を作成しています。

 センサー子機が検出したデータは親機に送られます(図2)。親機は送られてきたデータを集計し、施錠や電源の状態などをセンサーごとに把握します。リモート子機は、親機に戸締り情報を要求してその情報を液晶モニターに表示するほか、音声でも案内します(図3)。すべての窓が施錠されていれば、戸締りOKを通知します。

図2●子機の情報を収集する親機
[画像のクリックで拡大表示]
図3●戸締り状態を通知するリモート子機
[画像のクリックで拡大表示]
図4●自作の降雨センサー

 親機は、子機から受信した情報を随時ラズパイに送信。このラズパイは、作者が1年前から自宅で常時稼働させているサーバーで、インターネットに接続しています。戸締りに関する状態の変化があったら、その情報を携帯電話などにメールで通知できます。

 降雨センサーは、検出用の電極をTWE-LiteのAD変換入力に接続し、電圧の変化で雨を検出します(図4)。この情報を基にラズパイ側では、窓が開いていて雨が降っている場合だけ、警告メッセージを送信します。


この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら