本作品は受賞者の鈴木賢さん自身に紹介してもらいます。実際の作り方まで解説しますので、ぜひトライしてみてください。

図1●LEDで雨の予報を知らせる「お天気時計」
15時に雨の予報が出ているときの様子。
[画像のクリックで拡大表示]

 「今日の雨は大丈夫かしら」。ネットを使えない母でも、時計を見ただけで天気予報を分かるようにしたのが「お天気時計」です(図1)。アナログ時計の1~12の文字盤に12個のLEDを取り付け、予報が雨の時間のLEDを光らせます。

 LEDをチカチカ光らせる「Lチカ」という電子工作の基礎だけで実現しました。筆者は電子工作を昨年始めたばかりですが、Lチカでも何か実用的なものができないかと考えて作りました。

シリアルパラレル変換ICでLEDを制御

 自作のRubyプログラムをRaspberryPi上で動かしてインターネットから天気予報を取得し、その結果からLEDを光らせるという仕組みです。12個のLEDを制御するのに、少し工夫しました。12本のGPIOを使って制御してもよいのですが、将来の拡張性を残すため、シリアルパラレル変換IC「74HC595」を使って3本のGPIOで制御できるようにしました()。

表●部品表
型番 単価 個数 購入元
シリアルパラレル変換IC
TC74HC595AP
130円 2個 マルツパーツ館大阪日本橋店
赤色LED 約30円 12個 ジャンク品
QIコネクタ用メス(5個組) 約20~30円 3個 ラジオショック
アナログ時計 108円 1個 セリア(100円ショップ)
ビニール線とジャンパー線   適量  

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら