ピンポーン。「鍵忘れたー。玄関開けてー」。また息子が鍵を忘れて出掛けてしまったようだ。玄関まで数m歩いて鍵を開けるだけだがどうにも面倒臭い――。

 そんな不満から生まれたのが、石原和典さんが開発した自動施錠・解錠システムです(図1)。玄関の錠前を改造して、ラズパイを中に入れました(図2)。そのラズパイでモーターを回し、自宅の鍵のサムターンを回します。

図1●自動施錠・解錠システム
完成まで試行錯誤したため、アルミ板には余計な穴が多く開いている。
[画像のクリックで拡大表示]
図2●自動施錠・解錠システムの裏側
[画像のクリックで拡大表示]

 息子さんから頼まれて鍵を開ける方法は二つあります。まずスマホなどのWebブラウザーから操作できます。ラズパイ上のWebサーバーで動くPHPアプリが施錠・解錠の操作をします。さらに壁に付いているインターホンでも解錠できます。石原さんはインターホンを電気錠制御ができる機種に取り替え、それが出す信号を解析。単純なパルスだったので、ラズパイで読み取れるようにしました。

 さらにドアの外に取り付けたFeliCaリーダーにおサイフケータイを近付けることでも解錠できます。鍵は忘れても、ケータイを持っていれば息子さんが自ら鍵を開けられます。

 もちろん物理的な鍵や手でも施錠・解錠できます。実際の操作の様子は動画で見られます。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら