写真1●楽天でスマートペイ事業の事業長を務める小林重信氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●小林氏が示した各国のクレジット・デビット決済比率の比較
[画像のクリックで拡大表示]

 楽天が2015年2月23日に開催した「楽天金融カンファレンス2015」では、「2025年、決済進化形」と題する対談が行われた。一般消費者の支払いで現金が好んで使われる傾向が強い日本や、新興市場などでキャッシュレス決済の拡大を目論む3社の幹部が、決済サービスについて語り合った。

 議論は、日本市場の特殊性を軸に展開された。楽天でスマートペイ事業の事業長を務める小林重信氏(写真1)は、「日本は諸外国に比べて現金決済の比率が極端に高い」と問題提起した。小林氏が引用したMM総研の資料によれば、米国・英国・韓国でクレジット・デビットカード等による決済比率が50%を超えているのに対し、日本では20%に満たないという(写真2)。

 「楽天スマートペイ」は、スマートフォンと小型クレジットカードリーダーでクレジットカード決済を利用できる中小小売・サービス業店舗向けのサービス。日本国内では競合他社に先駆けて2012年12月に提供開始し、同種のサービスで優位に立っている(関連記事:楽天がカード決済端末に参入、読み取り機を直販ICカード使えるEMV対応スマホ決済、楽天が国内で先陣切る)。

 小林氏は中小店舗が現金決済を好む理由として「端末価格の高さ」「手数料率の不透明さ」「現金化にかかる日数」の3点を挙げた。そして、「これらのボトルネックを解消することで、キャッシュレス決済を普及させつつ事業を成長させたい」と述べた。

日本の“独自規格”にはマイナス点も

写真3●米マスターカードでモバイル・ネット決済など新規事業を統括するシニア・バイス・プレジデントのジェームス・アンダーソン氏
[画像のクリックで拡大表示]

 米マスターカード(MasterCard)でモバイル・ネット決済など新規事業を統括するシニア・バイス・プレジデントのジェームス・アンダーソン(James Anderson)氏は、Suica(スイカ)などの非接触ICカードによる電子マネーが普及している日本の状況に言及(写真3)。「日本は非接触決済の先進国で、我々も多くのことを学んだ」と述べた。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら