2015年1月6日~9日(現地時間)、米ラスベガスで開催された「2015 International CES」(CES2015)では、テレビや自動車のスマート化が大きな注目を集めた(写真1)。

写真1●CES2015の中心的な会場となったラスベガス・コンベンションセンター
[画像のクリックで拡大表示]

 その根底にあるトレンドとして、昨年から続くIoT(Internet of Things)へ向かう流れがある。スマートフォンやタブレットに限らず、家電や自動車、住宅などがインターネットにつながることで、相互に連携したり、リモートから操作できるようになる様子が、未来像として語られてきた。

 果たしてCES2015では、どのような展示が注目を浴びたのか。まずはイベント全体を広く俯瞰してみたい。

スマートテレビが登場、従来型テレビとの違いは?

 CES2015で大きく話題となった製品カテゴリーの一つが、スマートテレビだった。既に2014年から、グーグルはテレビ向けにカスタマイズしたAndroidのバリエーションとして「Android TV」を発表しており、Firefox OSやTizenといったOSも、テレビへの対応を表明してきた。CES2015では、それらを実際に搭載したテレビ製品が登場した(写真2)。

写真2●ソニーは4KテレビのOSとして「Android TV」を採用した
[画像のクリックで拡大表示]

 特徴はAndroidのように、スマートフォンやタブレットで使われているOSをベースにしているという点だ。これにより、YouTubeやHuluなどインターネット上の動画を大画面テレビで見たり、Webブラウザーで最新のHTML5コンテンツを楽しんだり、アプリマーケットから様々なアプリを入手し、機能を拡張したりすることが可能となる(写真3)。

写真3●サムスンはTizenを採用。多彩なアプリをアピールした
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら