2001年に「アジャイルソフトウェア開発宣言」が発表されて十数年が経過した。アジャイル開発は、当初は、同じ場所で作業する数人のチームでのみ実践できるものとして捉えられることが多く、エンタープライズにおける開発ではあまり採用されることがなかった。

 しかし、近年アジャイル開発プロセスも成熟してきている。エンタープライズ分野への適用を想定したアジャイル開発手法をまとめて「エンタープライズアジャイル」と呼ぶことがある。今回と次回の2回に分けて、エンタープライズアジャイルの一つである、アジャイル開発プロセス・フレームワークで「ディシプリンド・アジャイル・デリバリー(DAD)」を解説する。

DADが登場するまで

 まずは、DADが登場するまでの背景をおさらいする。1999年にエクストリーム・プログラミング(XP)、2002年にスクラムといったアジャイル開発手法が登場した。これらには二つの共通点がある。一つは、実用的なソフトウエアの開発という目標に向け、チームが同じ場所で緊密に協力し合い、一丸となってコラボレーションしつつ、2~6週間といった短いタイムボックスで、反復かつインクリメンタルに開発を進めていくというものである。

 もう一つの共通点は、これらの開発手法はソフトウエアの開発にフォーカスしているという点である。例えばXPでは、テスト駆動型開発、リファクタリング、継続的インテグレーションなど、ソフト開発の技術的なプラクティスを多く含んでいる。要求が変化した結果としてソースコードも変更されるが、その変更コストをなるべく抑えるために重要なものである。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら