前編では、Windows 10 PCの環境を構築し、Lチカを実現するところまでできました。

 続いて、2015年6月初めのWindows 10をRaspberry Piで試すセミナーで紹介されたIoTアプリの作成に移ります。その資料を基に、その主要な部分を、補足説明を加えながら紹介します。

 最初に、アプリをスクラッチから作る手順を学びましょう。Visual Studioのメニューで「ファイル」-「新規作成」-「プロジェクト」を選び、テンプレートの「Visual C#」-「Windows」-「Windows Universal」を選びます。その中の「Blank App」を選んでOKを押します。

 右側の「ソリューションエクスプローラー」の「参照」を右クリックして「参照の追加」を選び、写真10のように「Windows Universal」-「拡張」の「Windows IoT Extension SDK」をチェックしてOKを押します。

写真10●SDKの追加
[画像のクリックで拡大表示]

 続いて、ソリューションエクスプローラーの「MainPage.xaml」の中の「MainPage.xaml.cs」をダブルクリックして開きます。ここで行番号を表示するため「ツール」-「オプション」を選び、検索窓に「行番号」と入力し、「テキストエディター」「すべての言語」「全般」で「行番号」にチェックを入れます(写真11)。

写真11●オプション設定画面で行番号を表示
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら