小型PCボード「Raspberry Pi」(ラズパイ)の新機種「Raspberry Pi 2モデルB」(以下、Pi2)が2015年2月2日に発表され、同時に出荷も始まりました(関連記事:Raspberry Piの2世代目が登場、性能6倍で価格は据え置き)。早速、入手して触ってみると、その速さに驚かされました。

 Pi2では、搭載するSoC(CPU)が従来の「BCM2835」から「BCM2836」に変わりました。動作周波数が700MHzから900MHzに上がり、CPUコア数が1個から4個に増えました。CPUアーキテクチャーがARMv6からARMv7(Cortex-A7)に変わり、全体の性能が向上しています。

 ボードサイズや入出力ポートは、従来の「Raspberry PiモデルB+*1」とすべて同じです。写真1に示すように、上のPi2は、ボード中央左側のCPU(SoC)が大きくなった以外は、右側のUSBポート4個とイーサネットポート1個、下側の給電用MicroUSBポートとHDMIポート、ヘッドホン/ビデオ端子など、どれも同じ場所に付いています*2

*1 第1世代のRaspberry PiにはモデルBとモデルB+の2種類があります。モデルB+はUSBポートを2個から4個に増やし、消費電力を下げるなど、モデルBを改良したものです。他にイーサネットポートがない組み込み向けのモデルAと、その改良版モデルA+があります。
*2 ただしボードに載っている部品の出っ張る位置が変わったため、古いモデルB+用ケースはそのままでは利用できない製品もあるので注意が必要です。
写真1●Raspberry Pi 2(上)と従来機B+(下)の比較
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら