Baidu(百度、バイドゥ)は中国最大の検索企業であるが、人工知能でも研究開発を加速している。人工知能ではGoogleがトップを走っているが、音声認識ではBaiduが首位の座を奪った。画像認識の研究も進めている。BaiduはBMWと提携し、自動運転車を公道で走らせる。Baiduは中国のGoogleとして、人工知能で世界の覇権を狙う。

Baiduシリコンバレー研究所

出典: Baidu
[画像のクリックで拡大表示]

 Baiduの人工知能研究では、「Baidu Research」が中心的な役割を担う。これは同社の研究所で、人工知能第一人者Andrew Ng(イング)が指揮を取る。Ngは、Googleで人間の頭脳を模したプロジェクト「Google Brain」を立ち上げた。大規模な並列計算環境のもとでDeep Learning(深層学習)の手法を用いて、システムがハイレベルな概念(例えばネコ)を学習できることを実証した。

 Baidu Researchは人工知能に重点を置いた研究所で、シリコンバレー人工知能研究部門(Silicon Valley AI Lab)、深層学習研究部門(Institute of Deep Learning)、ビッグデータ研究部門(Big Data Lab)から成る。研究分野は、画像認識、画像検索、音声認識、自然言語解析、セマンティックインテリジェンスなど、画像系と音声系に重点を置いた構成となっている。Baidu Researchはシリコンバレーと北京に拠点を置き、Ngがシリコンバレーで全体を統括する(上の写真、シリコンバレーキャンパス)。

人工知能の勉強会

 シリコンバレーでは技術者向けに、様々な勉強会が開催されている。主要企業が会場を提供し、業界の第一人者が関心の高い技術を講義する。2015年2月には、Baidu Researchが人工知能の勉強会を開催した。Ngと研究員Awni Hannungが、Baiduが開発している音声認識技術「Deep Speech」について講演した。この講義は大人気で、筆者も申し込んだが満席で入れなかったので、後日ビデオで受講した。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら