トレンドマイクロは2014年11月13日、SDNをはじめとする仮想化基盤技術と連携したセキュリティアーキテクチャを発表した(関連記事:攻撃検知でITインフラを自動制御、トレンドマイクロがSDN連携技術を発表)。

 同アーキテクチャでは、複数の監視ポイントが収集したログ情報を分析し、リスクが高いと判断した端末やサーバーなどを速やかに隔離し、通信の監視や遮断などを自動的に実行する。ここでリスク情報を受け取り、仮想化インフラの設定を動的に変更し、不正アクセスなどに対処するのがSDNコントローラーなどの仮想化システムというわけだ(関連記事:ユーザーを煩わせずネットワークを構築、実体は自動化したソフトとハードの集合)。

 サイバー攻撃が悪質化し多様な攻撃手法を駆使してくる中、防御する側も仮想化技術と連携によって処理の迅速化やリスクの最小化を図り始めている。トレンドマイクロは今後、SDNベンダーや通信事業者などと技術を共同で検証して、同技術を採用したソリューションを開発するという。