2014年7月14日、グーグルが日本市場にChrome OSを搭載したノートPC「Chromebook」シリーズを投入することを発表した(関連記事:グーグルがChromebookを国内展開、企業・教育機関向けに7月から)。米国では2011年から販売していたが、日本では約3年遅れの登場となった。14日の発表では、日本ではまず企業向けと教育機関向けとし、個人向けの販売はこれから検討するという。

 グーグルは発表会で、Chromebookがインターネットの利用に最適化していることを強調した。電源を入れてから短時間で立ち上がる点やインターネットの脅威からOSへの影響を回避できる点など、従来型のPCでは難しかった課題を解消している。

 Chromebookの米国での市場価格は200~300ドルという。拡張性は高くないが、Webブラウジングやテキスト入力など限定した用途での利用を織り込み済みなら十分に使えるはずだ。こうした利用を踏まえてグーグルは、せっせと“アプリケーションのWeb化”を進めてきた。Gmailは元より、ビジネスツールやユーティリティなどChrome(ブラウザー)で利用できるアプリが豊富にそろっている。

 日本で個人向け販売が始まれば、Chromebookは低価格PCまわりの製品として有力な選択肢となるだろう。世界でも競争が拡大しているようで、米マイクロソフトは、米国で開催したパートナー企業向けのカンファレンスで、Chromebookに対抗するため2014年末に99ドルで購入できるWindowsタブレットを投入することを明らかにしたという(関連記事:「保管データはいかなる国や政府にも一切アクセスさせない」、米MSのCOOがWPC 2014で宣言)。タブレットとノートPCの境界線がぼやける中、この市場の低価格化と競争はさらに進みそうだ。