クイズ形式の「ITpro検定」を通して、システム開発・運用に関する知識やテクノロジーや業界の動向などをおさらいしましょう。自身のスキルチェックとしてだけでなく、部下のスキルアップなどにもご活用ください。


【問題】

 富士ソフトは日本食研ホールディングスと共同で、人工知能(AI)を活用した販売予測の有効性について検証しました。日本食研は、焼肉のたれやドレッシングなどの調味料を製造・販売しています。

 今回の検証では、2016年4月から7月にかけて、1週間ごとの商品の売上を予測し、実績値と比較したそうです。AIによる売上予測と実績値の差が1割未満だったのは、414商品のうちどれくらいだったでしょう。なお、AIを使わない場合、1割未満で済むのは1~2%だそうです。

(1)約1割
(2)約2割
(3)約4割
(4)約6割

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら