韓国サムスングル―プは、2014年12月17日よりサムスン電子をはじめとする全系列会社の経営戦略会議を始めると発表した。何よりもサムスン電子のスマートフォンシェアがどんどん落ちている中、世界市場での競争力強化をどうするのかに焦点を当てると見られる。

 リサーチ会社の米ガートナーが発表した2014年7~9月期の世界携帯電話市場動向によると、スマートフォンの販売台数は前年同期比20.3%増の3億100万台に達し、シェア1位はサムスン電子だった(ITproの関連記事:[データは語る]2014年Q3の世界スマホ販売ランキング、上位5社に中国メーカーが3社)。

サムスン電子が世界に先駆けて日本で発売した「GALAXY Note Edge」(サムスン電子提供)
[画像のクリックで拡大表示]

 ただし、サムスン電子のシェアは2013年7~9月期が32.1%だったのに対し、2014年7~9月期は24.4%に落ち込んだ。サムスン電子のスマートフォンは、世界で最も売れているスマートフォンであることに変わりないが、シェアが減少し、2014年第3四半期の中国市場ではシェア1位の座を中国シャオミ(小米科技)に譲ることになった。

 この1年で躍進したのはシャオミ、ファーウェイといった中国勢である。中国やインドといった新興国で好調なシャオミの世界市場シェアは、2013年7~9月期はわずか1.51%だったのが、2014年7~9月期には5.2%に成長した。サムスン電子が世界市場シェアを守るためには、ハイエンド端末だけでなく新興国向けの低価格端末にも力を入れないといけない。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら