2016年10月10日、韓国でもソニーの「Xperia XZ」が発売されることになった。ソニーは10月5日、ソウル市内でXperia XZ を披露するイベントを行った。サムスン電子・LG電子・アップルしか選択の余地がないように見えた2016年秋の韓国プレミアムスマートフォン市場に、ソニーの「Xperia XZ」が加わった。

XperiaXZ
韓国でも10月10日から発売されるXperiaXZは、プレミアムスマートフォンとしてサムスン電子やLG電子の新機種と肩を並べた。カメラ機能が注目されている。韓国ではきれいに撮れるスマートフォンカメラといえばソニーのXperiaというほど信頼されている。
[画像のクリックで拡大表示]

 サムスン電子の期待作Galaxy Note7は、約9万円のプレミアムスマートフォンにもかかわらずバッテリー発火問題で回収・払い戻しになり、バッテリーを変えて再発売した。iPhone7は、米国で色々な機能を同時に使うとノイズが発生することを一部ユーザーがネットで公開、デバイス交換騒動が起こった。LG電子の新機種V20は優れたオーディオ機能を持つが、端末価格が約8万1000円と予想をはるかに超える高額だったため、爆発的な人気とまではいかない状況である。Xperia XZは今のところ、性能も価格も非の打ち所がないスマートフォンとして話題になっているので、韓国でのシェアもぐんと上がるに違いない。

 Xperia XZのスペックは、1080×1920 の5.2インチディスプレイにRAMは3GB で、内蔵メモリーは32GB、256GBまで拡張できる。2300万画素/1300万画素のカメラを搭載、スマートフォン初の5軸手ぶれ補正機能もあるハイスペックスマートフォンである。一眼カメラに搭載する「Gレンズ」を搭載したことも、韓国では注目されている。0.6秒でカメラが反応して動く物体にフォーカスを当てて撮影できる機能も面白い。イベント会場で森本修ソニーコリア代表は、「Xperia XZは、ソニーの進歩したカメラ技術と固有のオーディオ技術が一つになったプレミアム製品」と紹介した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら