IaaSという単語の普及が示す通り,インターネットサービスを支えるインフラストラクチャは,従来のラック,物理サーバを提供する形から,仮想化されたインスタンスをサービスとして提供されることが一般的になりつつある.一方で,2014年現在,IaaSにも課題はある状況であり,かつ,既存のオンプレミスなインスタンスを多数運用している環境では,単純にIaaSを利用すればよいわけではなく,それぞれの利点,課題を把握した上で,既存のインフラストラクチャを変化させていく必要がある.本論文では,GREEという実際に稼働しているサービスにおける,オンプレミスな環境をどのようにサービスとしてのインフラストラクチャへと変化させていくか,という事例を紹介する.

1.はじめに

 2014年現在,インターネットサービスを構成するインフラストラクチャ (以下インフラ)は,IaaS(Infrastructure as a Service) という単語の普及が示す通り,急速に「サービス」として提供される形へとシフトしつつある.本論文では,インフラのサービス化とは何かを説明し,そしてその利点と難点がどこにあるのかについて紹介する.また,それらを考慮した上で,これまで独自に構築されてきたインフラをサービスとして提供する形へとシフトする際のアプローチと,その技術的課題についてGREEというサービスの事例を元に述べる.

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら