• Twitterはサービス開始当初から自社サービスのAPIを提供することでTwitterの一部機能やツイートを活用したサービス開発が行われ,開発者コミュニティによるエコシステムが構築されてTwitterの成長につながった.
  • ユーザ・エクスペリエンスの向上を図り,またAPI利用したツールのクオリティコントロールを実施するために,エコシステム戦略を随時見直してきている.
  • さらに,APIを通じたエコシステムの構築を超えて,ツイート数データ等を活用した指標作成も行っている.

1.はじめに

 Twitter (www.twitter.com) は2006年3月に米国において140文字のテキストを投稿するサービスとして開始された.現在,世界で2.55億人の月間アクティブユーザがおり,1日に5億ツイートの投稿がある.ユーザの77%が米国外のユーザであり,35言語が対応されている.その中でも日本語版は英語以外の言語として初めてローカライズされ, 2008年に提供が開始されている.

 Webサービスにおいて自社サービスのAPIを提供することで,外部の開発者コミュニティがそのプラットフォームを活用したサービス開発を行うことが一般的になってきている.自社のリソースだけでは開発できない新しいサービスや補完的なツールなどが生まれることで結果的にユーザの利便性が上がり,同時にそのWebサービスの利用が広がることでAPI提供のメリットも高くなる.TwitterもAPIの提供をサービス開始当初から実施し,APIを利用したサードパーティのTwitterアプリケーションの開発や,ツイートを他のWebサービスとマッシュアップした新たなサービス,また,ツイート内容のテキストを分析するツールなどが生まれてきた.Twitterはそうした開発者コミュニティを「エコシステムパートナー」と呼び,Twitterの活用範囲やその利用の拡大を共に構築してきた.しかしながら,TwitterもAPIの提供方針については,段階に応じて変更してきている.どこまでを自社サービスとして開発するか,どういった関係性をエコシステムパートナーと組むべきかの判断によって,そのAPIの提供方針は戦略的に決められる.APIの提供によるエコシステム構築に関するプラクティスをTwitterが行ってきたこれまでを振り返ってまとめる.

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら