携帯電話を取りまくネットワーク環境や携帯電話の処理性能,蓄積容量はこの10年で目覚ましい進化を遂げている.また,携帯電話自体も比較的限られたサービスや操作を提供していたフィーチャーフォンから,より直感的な操作と,パソコンと同じようにオープンなサービス・アプリケーション環境のスマートフォンへと大きく変貌してきている.音楽サービスについては,携帯電話の登場初期は着信メロディなど比較的シンプルなサービスでスタートしたが,このような環境変化の中でどのような変化や進化があったか,また今後どのようなことが予想できるのかについて,音楽サービスとして提供している,「LISMO」の例を用いて述べる.

1.はじめに

 モバイルサービスにおける,音楽サービスについては,携帯電話がパーソナルな持ち物になるに従い,電子メールなどと同様に身近なサービスとして普及してきた.携帯電話と音楽のかかわりについては,まず着信時にメロディを奏でる,「着メロ?」サービスに始まり,携帯電話上で楽曲をダウンロードして楽しむ,「着うたフル?」によって本格的に音楽を楽しめるようになった.特に,定額制のデータ通信料金の普及に伴い,このような有料音楽配信は大きく成長してきた.

 このような中で,KDDIでは総合音楽サービスとして「LISMO」(リスモ,au LISTEN MOBILE SERVICE)を2006年1月から開始した.当時はフィーチャーフォンにおいて全機種統一した音楽プレイヤー(au Music Player)や,パソコンとコンテンツ連携するためのPC連携ソフト(au Music Port)としてサービスを提供した.その後,使いやすさをさらに追及するために,検索機能の充実(LISMO Music Search)や,非パソコンユーザでも手軽にCDから楽曲転送できるような専用機(au BOX)などにより進化してきた.しかしながら,スマートフォンの登場により音楽を聴くスタイルも大きく多様化し,LISMO自体もラジオ機能や楽曲聞き放題サービスなど,きめ細かなニーズに対応するように変化してきた.

 本稿では,まず音楽産業全体の状況を俯瞰した後,モバイルサービスにおけるLISMOがどのように生まれ,携帯電話環境の変化に応じてどのように進化し,変化してきたかについて述べる.

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら