国内の決済市場では電子マネーなどクレジットカード以外の決済手段が多様化している.これまで長きにわたり国内のクレジットカード会社の基幹システムの開発・保守・運用を手がけてきたTISが,数年前より事業展開している国際ブランドデビット・プリペイド(DebitCube+/PrepaidCube+)のサービスを通じて,国内外における決済市場を活性化し,新たな国内産業基盤としての展開を目指している.この事業のポテンシャルや金融業界向けの基幹システムをサービス型で展開する上での課題に対するアプローチや工夫点を述べてみたい.

1.TIS(株)概要

 TIS(株)は,多彩なソリューションと国内トップクラスの総面積約10万平米のデータセンターをフル活用し,SI受託開発からアウトソーシングサービス,クラウドサービスまで全方位型のITサービスをワンストップで提供している.

 その中核を担う事業が,銀行,保険,証券,クレジットカード,ノンバンク,リースなど金融業界向けソリューションである.大手・中堅クレジット会社向けのクレジットカード基幹業務システムをはじめ,勘定系,融資・ローンなどの銀行向けシステム,インターネットバンキングシステム,保険・証券業界向けのトータルソリューション等,すべての金融業界の顧客に対応することが可能である.約40年に渡る金融業界向けシステムの実績と技術力により,業務システムの企画・開発から保守・運用までのライフサイクル全般をサポートしており,これらのノウハウを生かしこの国際ブランドデビット・プリペイド(DebitCube+/PrepaidCube+)を立ち上げてきた.

2.国際ブランドデビット・プリペイドカードとは?

2.1 すでに国内に流通しているデビット・プリペイド

 ここで,すでに国内に流通しているデビットカード・プリペイドカードについて説明する.まずデビットカードだが,2000年以降,先行して国内で導入されているJ-DEBITという決済手段がある.金融機関のキャッシュカードでそのまま決済できる決済手段で,家電量販店等でよく使われているものである.専用端末と利用時間に少し制限があるが,かなり早い段階で取り組まれた決済手段である.続いてプリペイドカードとして国内に展開されている決済手段について説明する.発行者の店舗のみで利用可能な自家型パチンコ屋のプリペイドカードなどもこれにあたるが,Suica,PASMO,nanaco,WAONなどの電子マネーを含めた加盟店・フランチャイズ先での利用も可能な第三者型がある.最近ではオンラインゲーム専用など,種類も増えている.

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら