直井研究員(以下、直井):所長~!長い~、長いのです!

平野所長(以下、平野):もう秋だもんね。秋の夜長とも言うし。

直井:違います!長いのはメールです。長いメールが届きました。

平野:長いメール!?

直井:これは頭を悩ませる事件です。

平野:事件だなんて大げさな。でも、内容にもよるね。意味のある長文ならいいけど、そうじゃない長文なら対応にも工夫が必要だ。また、長文メールで、苦情を言われた、アドバイスがほしいと相談された、意図の分からない内容が届いた。そのようなメールを一度や二度は受け取ったことがあるだろう。この類いのメールは、どう返していいか悩むことが多い。

直井:はい。

平野:たとえば、意図が分からないと返事がしにくい。かといって放置するとどうなるかな?

直井:印象が悪くなります。「私のメールを無視した!」ってなっちゃいます。

平野:そうやって自分の評価を落とすのは得策ではないよね。やはり、どんなメールでも1営業日以内に返事をする。その癖は付けておくべきだ。

直井:そうなんですが、長くて……。

平野:メールの長さに関わらず、メールが送られてきた意図が分かれば、すぐに返事ができる。でも、どう返したらいいか分からない、要領を得ないメールは返事をする優先順位が下がってしまう。でも、無視はできない。今日は、比較的に優先順位の低い長文メールが届いたときの対応について考えてみようか。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら