直井研究員(以下、直井):所長~。メールで相手によい印象を持ってもらうのって難しいですよね。

平野所長(以下、平野):そうかなぁ?そんなことないよ。

直井:あ!私はできるんです。ただ、説明するのが難しいなって思いまして。

平野:直井さんはどう説明したの?

直井:メールで良い印象を持ってもらおうと思ったら、相手のことを考えて気遣いを盛り込む。たとえば、読みやすいレイアウトにする。一文を短くして、理解しやすいように工夫する。相手が分かる言葉で書くなどです。

平野:ポイントに間違いはないね。説明した相手に何か言われたのかな?

直井:そうなんです。気遣いをしたら「あなたのメールはくどい」と言われたそうなんです。

平野:メールがくどい……。

直井:はい。

平野:くどいということは、何かを過剰にしてしまった可能性が高そうだね。一文を短く書いて「くどい」と言われることは考えにくいし、読みやすいレイアウトについても同様だ。そうなると気遣いの盛り込み方に問題があったのだろう。

直井:あ……。

平野:思い当たることがあるようだね。他にどんなアドバイスをしたのかな?

直井:クッション言葉を入れるとか、気の利いたひと言を文章の最後に入れるとか、そのような話をした記憶があります。

平野:犯人は、おまえだ!

直井:えー!?

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら