直井研究員(以下、直井):所長~。また、所長の名前が間違っているメールが届いていますよ!

平野所長(以下、平野):どれどれ。

ビジネスメール研究
平野友郎様

いつもお世話になっております。

直井:いつものパターンですね。

平野:まったく……。ここまで多いと仕方がないと思い始めるね。私の名前は「平野友朗」だ。このコラムで何度も書いているのに、相変わらずこのような間違いが絶えない。

直井:あ!ビジネスメール研究所の「所」も抜けています。入力ミスでしょうか。

平野:どうだろうね。

直井:それにしても所長の名前が「友郎」になっている間違いは多いですね。これだけ間違えられると、どれが自分の名前か分からなくなりませんか?

平野:さすがにそれはないが、いい解決策はないものだろうか。

直井:ありますよ!

平野:ほ~。名案があるのかい?

直井:はい!ビジネスネームを使って「平野友郎」にしましょう。それなら「友朗」と「友郎」のどっちでも違和感がなくなるんじゃないでしょうか?

平野:そんなの解決じゃないよ。ちなみに、直井さんは名前を間違えられたことはないのかな?

直井:「直江様」ってメールをもらったことがあります。あと、電話で話した人から「青井様?」って聞き返されたことがあります。たぶん、音が似ているからだと思います。

平野:頭の中で音を変換して間違えたんだろうね。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら