直井研究員(以下、直井):所長、ついに「ビジネスメール事件簿」が連載300回目を迎えました!そこで今回は「ビジネスメール実態調査2016」の結果をお届けします!

平野所長(以下、平野):そう言えば今年はまだ記事にしていなかったね。

直井:所長の怠慢です。

平野:怠慢ではないがメールの面白いルールの紹介が続いていたね。

直井:ひと区切りがついたので結果を発表しましょう。

平野:ビジネスメール実態調査2016は、7月にプレスリリースを出して多くのニュースサイトや新聞などでも取り上げてもらった。それにビジネスメール事件簿が300回目。もうそんなになるのか~。雨の日も風の日もメールを取り上げて歴史を作ってきたね。

直井:そうですね。でも、感慨にひたるのは後でゆっくりどうぞ!まずは実態調査の発表です。

平野:直井さんの言うとおりだね。今年も多くの読者さんに回答していただいた。もちろん、回答してくださった方には個別にお礼と結果発表のメールを送っている。しかし、コラムの中ではお伝えしていなかったね。

直井:はい。きっと、この結果を心待ちにしてくれている人もいるはずです。今年の有効回答数は3088名です。目標の3000名を突破しました!皆さん、ご協力いただきありがとうございました!

平野:本当にありがたいね。それでは今日から「ビジネスメール実態調査2016」の回答で気になるところをかいつまんで解説しよう!早速だけど直井さんはどこが気になったかな?

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら