写真1●中学生高校生といった10代はSNSの退会や再入会をどう考えているのだろう(写真はイメージ)

 先々週(2014年9月3日)、ITproに掲載された、クロサカタツヤ氏の「『Twitterをやめました』、SNSが直面する分かれ道」という記事がちょっとした話題となった。Twitterで積極的な情報発信をし、約1万2000人からのフォローを受けていたクロサカ氏の決断だけに、驚いた人がいるかもしれない。

 同氏以外でも、「使わなくなったからmixi(Twitter)をやめた」「面倒でLINEを退会していたけれど、子ども関係の付き合いでまた再入会した」というような話を耳にする。それでは、中学生や高校生といった10代はSNSの退会や再入会をどう考えているのだろう(写真1)。中高生たちのSNS入退会事情を見ていこう。

リアルの関係が変わると同時にアカウント削除

 かつての中高生は、メールアドレスを変えるのが当たり前だった。バンダイネットワークスの2007年ころの調査結果によると、中高生の約半数が1年に複数回メールアドレスを変更すると答えていた。

 理由は「なんとなく飽きたから」が圧倒的多数を占める。そのほか「環境が変わったから」「友達、彼氏/彼女が変わったから」も多かった。リアルでの関係が変わったのと同時にメールアドレスを変更し、過去の人間関係を絶ってしまうわけだ。しかもそのサイクルは早く、「半年に1回」が31%もいて、「2、3カ月に1回くらい」も13%いたのは興味深い。まだスマートフォンが普及する前のデータだが、こうした傾向は現在でも全く変わらない。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら