Windows 7から新たに搭載された機能の1つに、「ライブラリ」がある。ライブラリとは、異なるドライブやネットワーク上に散らばるファイルを、1つのフォルダーから参照できるようにする「仮想フォルダー」のことだ。

 ところが、Windows 8までエクスプローラーを開くと表示されていた「ライブラリ」が、Windows 8.1ではなくなってしまった。

 そこで今回のWindows 8.1道場は、「ライブラリ」の表示を復活させ、その利用方法を説明する。

ライブラリの表示を復活する

 ライブラリは、様々な場所にあるファイルを、あたかもそのフォルダーにあるかのように表示する。もちろん、通常のフォルダー同様に参照や変更も可能なので、ユーザーは特に仮想フォルダーであることを意識する必要はない。

 実は、この「仮想フォルダー」という考え方は決して新しいものではなく、すでにWindows Vistaの「検索フォルダー」が、仮想フォルダーの機能を有していた。そのため、Windows Vistaユーザーなら「ライブラリとは自由に表示するフォルダーを登録しカスタマイズできる検索フォルダーのこと」と考えれば理解しやすいだろう。

 さて、ここまで説明しておいて実際にWindows 8.1でエクスプローラーを開くと、肝心の「ライブラリ」が表示されていない。これは、Windows 8.1では、デフォルトでライブラリが非表示になっているためだ。もし、ライブラリがエクスプローラーに表示されない場合は、次のようにして復活させる。

 エクスプローラーを開き、「表示」リボンの左端にある「ナビゲーションウィンドウ」をクリック(タップ)する。現れたメニューから「ライブラリの表示」を選択すれば、ナビゲーションウィンドウに「ライブラリ」が復活する。この「ライブラリ」をクリック(タップ)すれば、「ドキュメント」「ピクチャ」「ビデオ」「ミュージック」の、4つのライブラリが表示されるはずだ(図1)。

図1●ライブラリーの表示を復活する
エクスプローラーにライブラリーを表示するには、リボンの「表示」タブをクリック(タップ)して、左端にある「ナビゲーションウィンドウ」→「ライブラリの表示」を選択する。すると、ナビゲーションウィンドウに、「ライブラリ」が現れる。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら