ITベンダーの経営幹部と話をすると、最近は必ず「製造業の経営者はIoT(Internet of Things)やビッグデータ分析への関心が非常に高い」といった話になる。特に関心が高いのが、自社工場での活用の可能性だそうだ。製造業のライバルであるドイツで官民挙げて「インダストリー4.0」として、IoTやビッグデータ分析などの活用、標準化を推進していることにも触発されたらしい。

 ところが、「製造業のIoTなどへの投資意欲は鈍い」とする、一見相反する意見も聞こえてくる。もちろん普通に解釈すれば、「製造業の経営者はIoTやビッグデータ分析に強い関心があるものの、実際の投資には二の足を踏む」という日本企業にありがちなパターンが浮かんでくる。

 経営者の関心が高いことで、ユーザー企業のIT部門からの引き合いが強くなり、ITベンダーもエース級の営業や技術者を配置し、ドイツや米国の最新事例を仕入れて提案に臨む。だが、肝心のIT部門は情報収集に熱心なだけで、システム投資を予算化する動きを見せない。それでもITベンダーとしては、IoTやビッグデータ分析がバズワード化しており、ライバルも力を入れているから、提案活動に手を抜くわけにもいかない。ITベンダーにとっては、まさにトホホの状態なのかもしれない。

生産管理システムも機能せず

 ここで記事を終えると、いかにもありがちな話だが、問題の根はもっと深いようだ。例えば同じITベンダーでも、経営陣と会う立場にあるコンサルタントによると、「確かにIoTやビッグデータ分析に対する経営者の関心は高いが、詳しく話を聞いてみると、経営者の多くは、別のところに問題意識がある」とのことだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら