ソーシャルメディアが現在、これほど注目されている理由の一つは、「ビッグデータ」というビジネスワードにとって重要なピースとなるからです。ソーシャルメディアが一つのメディアとして、マーケティング部門が扱う範囲でとどまるなら、経営層や開発部門の注目度はもっと低くなるでしょう。

 ただしソーシャルメディアと同様に、ビッグデータという言葉の受け取り方は開発部門とマーケティング部門では違ったものになる場合が多いのが実情です。

 オックスフォード大学インターネット研究所のビクター・マイヤー=ショーンベルガー氏と英エコノミスト誌の編集者ケネス・クキエ氏が著した「ビッグデータの正体 情報の産業革命が世界のすべてを変える」(講談社)では“小規模ではなく大きな規模で実行することで、新たな価値をつくるイノベーションを創造するデータの蓄積”がビッグデータであるとしています。

 この定義を読んだとき、マーケティング部門の担当者の多くはソーシャルメディア上に散らばるワードや位置情報/行動履歴を思い浮かべ、その他のデータを思い浮かべることはまれです。一方で開発部門の担当者の多くはテクノロジーの進化によって、データ化されてこなかった環境や社会データ、医療分野での生体データなど広範囲のデータ群を思い浮かべることでしょう。ただし、ソーシャルメディア上のデータは扱いづらさもあるためか、恣意的に優先度が低くなる傾向があります。

 つまりビッグデータを前に、マーケティング部門はソーシャルメディア(=コミュニケーションデータ)を過度に意識し、開発部門は逆に軽んじてしまうという意識の違いがあるのです。

 ビッグデータは今後、企業のあらゆる部門の事業のあり方を大きく変えていくゲームチェンジャーです。その中でソーシャルメディアは不可欠のピースとなります。たとえ扱いづらいデータであっても、SNSにある声や行動のログがなくては、ビッグデータとは言えないものになってしまいます。

 今回はビッグデータとソーシャルメディアの関係と可能性について、ビッグデータを軸にいくつかのキーワードをもって解説します。

非エンジニアでもわかるビッグデータ

 念のためにビッグデータとは何なのかについて簡単に説明します。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら