100件のシステム障害事例の復旧までにかかった時間の分布
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートフォンゲームのPokemon GO(ポケモンGO)が米国でブームを起こしています。スマートフォンを片手に、大勢のプレーヤーが街中を歩き回っている写真を見て、盛り上がりに驚かされています。米国は本当のクルマ社会という印象があるからでしょうか。

 「米で大ヒットの『Pokémon GO』、様々な騒動も引き起こす」、「シリコンバレーでも『ポケモンGO』が人気沸騰、大人が昼間から街をゾロゾロ」、「ポケモンGO、チートツールがGitHubに続々、自動ポケモン捕獲ツールも『時間の問題』」といった記事を公開しています。ご一読ください。

 もう一つ、驚いたことがあります。事情があって、ITproと日経コンピュータで取り上げたシステム障害事例の内容を100件分調べたのですが、分析結果にです。

 最も意外だったのは、システム障害が起こってから収束するまでの期間でした。長くても数日と思っていたのですが、1カ月を超えても正常に戻らないケースが1割近くもあります。障害の原因、対策の詳細も予想とは違いました。

 100件のシステム障害事例の分析結果については7月20日に開催される「日経ビジネス 経営シンポジウム 第2回 会社を滅ぶすITリスクへの対処」で話します。来場者のみなさんはどうお感じになるでしょうか。