iOS/Androidに続く第3のOSと呼ばれるFirefox OSに興味を持つ人たちが集う「Firefox OSコミュニティ」。メンバーはWebデザイナーから組み込み系エンジニアまで多彩だ。日本でもようやくFirefox OS搭載端末が登場。コミュニティーの活動もさらに活発化しそうだ。

 Firefox OSコミュニティの始まりは、2012年8月のこと。きっかけは意外なことに、当時Firefox OSと並んで注目を集め初めていたもう一つのOS、Tizen関連のコミュニティーの勉強会だった。現在もFirefox OSコミュニティにおける主要メンバーの一人である本間雅史さんが、勉強会でFirefox OSをテーマに講師を勤めた(写真1)。その勉強会の参加者でFirefox OSに興味を持つ人たちと、新たに別の勉強会をスタートさせたのが、今のFirefox OSコミュニティにつながっている。

写真1●Firefox OSコミュニティの主要メンバーの皆さん
写真1●Firefox OSコミュニティの主要メンバーの皆さん
右端が本間さん、女性が高尾さん、高尾さんの後ろが藪下さん。撮影場所はコミュニティーの勉強会会場にもなるMozilla Japanのオフィス。
[画像のクリックで拡大表示]

 Firefox OSコミュニティの基本的なスタンスは、理事長のような特別な立場は設けず、フラットな組織でメンバーが自由に好きな活動をすることだという。実際、何かをやりたいというメンバーがいれば、その人が中心になってメンバーが集まり、さまざまな活動が立ち上がる。

 メンバーには、アプリ開発に興味がある人、OSそのものに興味がある人などさまざまだ。Webデザイナーもいれば、組み込み系エンジニアもいる。そうした多様なメンバーが、多彩な活動をリードしている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら