2015年3月17日、任天堂とディー・エヌ・エー(DeNA)が資本業務提携を結び、任天堂の保有するキャラクターを使ったゲームを、年内をめどにスマートフォンやタブレット向けに開発すると発表した(関連記事:任天堂、DeNAと資本提携し“スマホ解禁”へ)。なぜ任天堂はDeNAと提携し、スマートフォンゲームへの参入へと至ったのか。そして任天堂がスマートフォンに乗り出すことは、マーケットにどれだけの影響を与えるのだろうか。

任天堂がDeNAと資本・業務提携を結んだことが話題に

 App StoreやGoogle Playといったスマートフォン/タブレット向けのマーケットで配信されているアプリで、ビジネスの中心となっているのはゲームだ。各アプリマーケットの売り上げランキングを見ると、ゲームがランキング上位の大半を占めていることがわかる。

 スマートフォン向けアプリ市場で急拡大したゲームアプリは、スマートフォンの外にも大きな影響を及ぼしている。ゲーム業界全体でスマートフォンゲームの存在感が高まっていることが、その事実を物語っている。

 傾向を示す調査事例として、CyberZとシード・プランニングが実施したスマートフォンゲーム市場動向調査を見てみよう。2013年のスマートフォンゲーム市場規模は5468億円と国内ゲーム市場(1兆1036億円)の約5割を占めるに至ったという(写真1)。

写真1●CyberZとシード・プランニングの国内スマートフォンゲーム市場規模調査では、国内ゲーム市場の約5割をスマートフォンが締めているという
[画像のクリックで拡大表示]

 それゆえ最近では、コンシューマーゲームを主体とするゲームメーカーが、スマートフォンゲーム市場に力を入れる動きを見せている。スクウェア・エニックスやバンダイナムコゲームスといった大手ゲームメーカーが、多くのゲームアプリをスマートフォンに向け投入し、実績を高めてきている。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら