「ITを活用して建設コストを削減したい」――。新人営業のD太君と先輩SEのM子さんは、住宅メーカーQ社の要請に応えるべく、情報システム担当のH課長とYさんのもとに駆けつけました。2人は、測量や監視など業務利用が広がるドローンの活用を提案。業務用途がドローン市場の成長を牽引すると見られ、機体の軽量化や電池の長寿命化など、産業用ドローンに求められる技術を持つ日本企業の役割が大きくなりそうです。

H課長 「ITを活用して建設コストを削減できないか」。社長からこう言われたんだ。いい案はないだろうか。

D太 ドローンを活用しませんか。

H課長 ドローン…。あの話題の?

D太 ドローンは無人航空機の愛称です。無人航空機は国際的には、UAS(Unmanned Aircraft Systems)またはUAV(Unmanned Aerial Vehicle)と呼ばれています。そのなかでも回転翼が4枚以上あるマルチコプター型の無人航空機のことを、ドローンと呼ぶことが多いですね。現在、日本国内で2~3万台のマルチコプターが販売されていると言われています。

Yさん そんなに?

D太 そのほとんどは、家電量販店や模型店で販売されているホビーユースです。カメラを搭載したホビーユースのドローンを操縦して、空中撮影を楽しむ人が増えています。

Yさん そうなんですか。

M子 そのドローンはいま、企業の業務に利用されるようになってきました。一例が測量に用いること。建設機械メーカーが建設用地の測量を効率的に行うツールとして、ドローンを採用しています。

H課長 どんなふうにドローンを活用するのかな?

M子 例えば、住宅を建設する前に、建設用地の整地を行いますよね。

H課長 丘陵地帯に住宅を建設する場合、土地を平らにしなければならない。そのためには、土地の測量が必要だ。現場の広さにもよるけれど、2人がかりで測量して作業が終了するまでの期間は1カ月から2カ月。測量に時間とコストがかかるのが、住宅メーカーやデベロッパーの悩みだね。

M子 ドローンを用いれば、測量コストを削減できます。

H課長 本当に?

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら