今回のテーマは、大企業におけるイノベーション。「ビジネスモデル・キャンバス」の考案者であるアレキサンダー・オスターワルダー氏が指摘する、新規事業に関する11個の“大企業病”です。「あるある」とうなづく新規事業担当者も少なくないのではないでしょうか。(ITpro)

 アレキサンダー・オスターワルダー氏は「ビジネスモデル・キャンバス」の考案者で、米strategyzer.comの共同創業者でもあり、30ヵ国語で合計100万部が売れたBusiness Model Generationの主著者です。

 アレキサンダーと私は、企業のイノベーションに関して頻繁に協力し合っています。今回は、企業内で避けるべき悪い習慣に関する、彼の寄稿です。

大企業に内在する2つのエンジンを理解する

 大企業は、成功するビジネスモデルと価値提案を運営管理し改良するという、素晴らしい業務執行力を持っています。しかしその業務執行を育成する慣習は、その企業での内部から起こる発展力を簡単に抹殺します。

悪い習慣その1:現行のビジネスモデルが支配的になる

 ほとんどの企業では、未来が現在の犠牲になります。既存のビジネスモデルと価値提案を改善するのは得意ですが、全く新しいビジネスモデルや価値提案、成長エンジンを創り出すのは苦手です。

 実際、企業が自らを改革しなければいけないと気づいたときには、遅すぎることがよくあります。これは、現在を管理することによって、将来を創り出そうという動きから“酸素を奪う”ことが原因です。コロンビア大学教授のリタ・マクグロス氏は、「仕事には、現在のお客様を喜ばすものと、明日の事業を開発するためのものがある」と言っています。私たちは両方に優れている必要があります。

救済策:企業組織の中に、新しいビジネスモデルと価値提案を発明し検証する、保護された場所を作りましょう。この「場所」に、権力と威信を与えましょう。二刀流、すなわち既存の事業の運営管理と改善に優れ、同時に新しい事業も発明する組織になりましょう。

悪い習慣その2:1つのサイズで全てに通用するという意思決定が、スピードと独創性を阻害する

 社員数が増え事業規模が大きくなると、既に認められた製品とサービスの動きが急に鈍くなり、深く考えずに危険回避をし、新しいことへの挑戦をしなくなります。ジェフ・ベゾス氏は、1つのサイズで全てに通用するような意思決定は、大組織の中では「スピードと独創性を阻害する」と言っています。事実、ベゾス氏は将来の事業の成功を見つけることに対して、決してスピードを緩めることなく、加えて起業家精神と軽快なアプローチを失わないように、アマゾンの文化を常に調整しています。

救済策:アマゾンは、例えば新しい倉庫への投資のような、多額の埋没費用を伴う不可逆性の決定と、新しい製品/サービスの提供のような可逆性の決定を区別しています。前者は、時間をかけた注意深い決定が必要です。後者はスピードと迅速性が必要です。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら