今回から、2回に渡るシリーズ投稿のテーマは「米国海軍のイノベーション」。今回は、その発想のきっかけとなった海軍空母への訪問エピソードが綴られています。(ITpro)

未来は到来していますが、偏在しているだけです ――シリコンバレー視点の技術適応度合

脅威は到来していますが、偏在しているだけです――中国の軍事戦略と航空母艦

 窓のない飛行機に後ろ向きに座り、4点式の安全ベルトで固定され、救命胴具を着用し、頭はヘルメットで、目はゴーグルで覆われると、頭脳は加速を処理することができなくなります。 C-2 A Greyhound機が、空母のカタパルトから空中に放り出されるように離陸すると、2~3秒後に空母の数百m上空まで時速235kmの速度で上昇するので、誰もが「すごい、何だこれは!」と叫びます。でも、雑音とヘルメットと聴覚防具で何も聞こえません。

 私はつい最近、メキシコ海岸から160kmほど離れた空母「U.S.S. Carl Vinson」で2日間過ごしました。空母へは、小型の貨物輸送機を使って離着陸しました。(訳者注:空母U.S.S. Carl Vinsonは1983年に処女航海をし、米海軍の10隻の核燃料空母の1つとして従事しています)

 空母からの離着陸は偉大な象徴です。それは「力の象徴」の誇示であり、場合によっては「暴力の象徴」でもあります。

 空母に乗っていると、そこに乗船し米国に奉仕をしている献身的な人たちと海軍に、 感銘せずにはいられません。そして、もちろんそれが、2日間の滞在の目的でした。海軍はこのプログラムを「米国海軍の啓蒙活動」と呼んでいます。毎年、重要な影響者(海軍は「著名な訪問者」と呼びます)900人を西海岸の空母に、500人を東海岸の空母に招待しています。これらの訪問は、任務で従事しているときではなく、空母が沿岸冲で訓練しているときに組まれています。私は、「国防のためのハッキング」で講師を務めたピート・ノーウエルと一緒に参加し、スタンフォード大学のCISAC(国際安全保障協力組織)とフーバー機構からは11人が参加しました。

 艦上では、空母の物理的な配置、航空隊員の作業方法、空母に付随している他の艦隊(空母打撃群)との連携方法を学びました。しかし、私が学んだ最も重要なことは、破壊的な変化は民間企業にだけ起こっているのではなく、海軍にも起こっているということでした。加えて、私たちが開発した、大企業向けのリーン・イノベーション手法が、海軍にも当てはまるということでした

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら