Microsoftは、リストバンド「Microsoft Band」でウエアラブル市場に参入した。Microsoft Bandは高機能センサーを搭載した健康管理リストバンドで、業界トップの実力を誇る。Microsoftがこれほど素晴らしいウエアラブルを投入するとは、誰も予測していなかった。真の狙いはリストバンドで収集するデータの解析にある。Microsoftのウエアラブル戦略が見えてきた。

Microsoftがウエアラブル発売

出典: Microsoft
[画像のクリックで拡大表示]

 Microsoftは10月30日、Microsoft Bandを公開し、同日から販売を開始した(上の写真)。Microsoftが公開した製品は、リストバンドと健康管理サービス「Microsoft Health」。Microsoft Bandは腕に着装するバンドで、心拍数、睡眠品質、歩行数などを計測する。また、生産性向上ツールとして、メール、カレンダー、タイマー、Cortana(Microsoft版“Siri”)などが搭載されている。Microsoft Healthはクラウドサービスで、Microsoft Bandや他社ウエアラブルから収集したデータを解析する機能を持つ。ビッグデータの手法で、健康管理に関する知見を得ることを目指す。

出典: VentureClef
[画像のクリックで拡大表示]

 高機能センサーとシンプルなデザインに惹かれ、Microsoft Bandを購入してみた。オンラインストアでは売り切れだったので、スタンフォード大学近くのMicrosoft Storeで購入。ショーウィンドウにMicrosoft Bandのパネルが掲げられ、店内では特設コーナーに製品が展示されていた(上の写真)。店舗スタッフから説明を聞き、Microsoft Bandを腕にはめると、着装感は非常に良かった。デザインはシンプルで、テイストも悪くない。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら