中国でXiaomiの快進撃が止まらない。Xiaomiは「中国のアップル」とも言われ、お洒落なデザインのスマホ(下の写真)が圧倒的な支持を集めている。AndroidにiOSインターフェイスを搭載した構造で、一見するとiPhoneかと見間違う。

出典: Xiaomi
[画像のクリックで拡大表示]

中国市場でSamsungを抜き首位に

 Xiaomiの強みはデバイスだけでなく、独自のエコシステムにある。XiaomiはGoogleに縛られない事業モデルを展開しており、既成スマホ市場を揺さぶっている。

 Xiaomiは中国におけるスマホ出荷台数で、Samsungを抜き首位に躍り出た。今年第二四半期の中国でのスマホ出荷台数は、Xiaomiが1500万台に対してSamsungが1320万台。昨年1年間で、1870万台のスマホを出荷。今年は、それが3倍になると予想されている。Xiaomiの出荷台数の97%が中国国内向けで、海外でのビジネスは限定的だが、今年7月からインドで販売を開始した。今後はインドネシア、タイ、ブラジル、メキシコに市場を拡大するとしている。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら