Appleはウエアラブル端末「Apple Watch」を発表し、おしゃれなデザインで話題となっているが、健康管理に限ると、画期的な機能は登場しなかった。Apple Watchは高機能ウエアラブルと言われてきたが、基本機能の搭載に留まった。しかし、これは出発点。次期モデルに搭載される高機能センサーが、既に話題となっている。

出典: Apple
[画像のクリックで拡大表示]

二つの健康管理アプリ

 Apple Watchは、健康管理機能を二つのアプリで提供している。それらは「Activity App」(上の写真左側、出典はいずれもApple)と「Workout App」(同右側)。Activity Appは、活動状態をモニターする。「Move」は消費カロリー量を、「Exercise」は運動量を、「Stand」は立っている時間を示す。アプリは三つの機能で構成され、活動状況がグラフで表示される。一日の目標値を設定でき、それに到達すると円が出来上がる。

 Standは聞きなれないコンセプトだが、1時間のうちに1回以上立ち上がった回数を記録する。仕事中に椅子に座ったままでなく、立ち上がることを奨励しているのだ。最近では、長時間座っていることは、喫煙と同じくらい健康に悪いと言われている。Standでは、1日12時間で1時間に1回立ち上がることを目標としている。

 Work Appは、トレーニングのためのアプリ。ランニング、ウォーキング、サイクリングなどの時に使う。アプリは過去の履歴を参照し、目標を自動的に設定してくれる。目標値は、走行距離や走行時間など。もちろん、利用者はマニュアルで変更できる。トレーニングをしている最中は途中経過情報を表示し、目標を達成すると本物そっくりのCGのバッジが画面に表示される。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら