Googleは8月28日、高度技術研究所Google Xで無人航空機 (Self-Flying Vehicles) を開発していることを明らかにした。これは無人ヘリではなく、翼と一体になった飛行機で、高速で長距離飛行ができる。自動運転車 (Self-Driving- Car) に続いて、飛行機での物流ネットワーク改革に着手したのだ。

出典: Google
[画像のクリックで拡大表示]

プロジェクトの概要

 このプロジェクトは「Project Wing」と呼ばれ、2年間にわたってGoogle Xで研究開発が行われてきた。無人航空機の外観は上の写真の通りで、飛行機全体が主翼となっている“Blended Wing”構造と、座っている状態から離着陸する“Tail Sitter”方式を採用。滑走路は不要で、上空で水平飛行に移り、高速で長距離の飛行ができるのが特徴だ。

出典: Google
[画像のクリックで拡大表示]

 Googleは研究成果を、オーストラリアのクイーンズランド州におけるデモ飛行で公開した。これは物資輸送のデモで、農場主にドッグフードを届けるというもの。無人航空機は近くの農場を飛び立ち、事前にプログラムされたコースに沿って飛行した(上の写真)。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら