「人工知能が人類を追い越す特異点(Singularity)は来ない」「深層学習(Deep Learning)が大流行しているが、壁に突き当たる」「人工知能は、目先の技法にとらわれることなく、本来の目的に向かって進め。つまり、人工知能は人間のインテリジェンスを目指せ」──ショッキングで考えさせられる内容の講演だった。

人工知能開発への厳しい意見

出典: VentureClef
[画像のクリックで拡大表示]

 New York University心理学部教授Gary Marcusは、2015年8月、人工知能学会「SmartData Conference」(上の写真)で、このように講演した。Marcusは心理学者として、頭脳の知覚機能を人工知能に応用する研究を進めている。GoogleやIBMを中心に、IT業界が人工知能開発につき進む中、その手法は正しいのか。厳しい意見が続いた。

 Marcusの発言の根底には、人工知能は我々が考えているより“未熟”である、という考え方がある。その実例として、特異点「Singularity」を挙げた。

 未来学者Ray Kurzweilは、人工知能が2045年に人類の英知を追い越す、と述べている。この根拠として、ムーアの法則に見られる、技術の「幾何級数的進化」を挙げている。Marcusは、これに対し、幾何級数的な進化はハードウエアの部分で、人工知能を司るソフトウエアの進化は緩慢であると主張。その事例としてApple Siriを挙げた。

 1964年に、Siriの大先輩にあたる「Eliza」がMITで開発された。パーソナルアシスタント機能は、ElizaからSiriに至るまでこの50年間、大きな進化はない。SiriはElizaに比べ、対応できる分野が広くなったが、幾何級数的な進化は遂げていない。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら