Googleが通信キャリア事業に乗り出した。このサービスは「Project Fi」と呼ばれ、MVNO(仮想移動体通信事業者)方式でネットワーク・インフラを提供する。低価格でサービスを提供するだけでなく、通信キャリアが提供する機能を根本から改良する。スマホの理想形「Nexus」を開発したように、ネットワークのあるべき姿を探求する。米国でProject Fiがスタートし、通信キャリア市場を揺さぶっている。

近未来の通信網への招待状

出典: VentureClef
[画像のクリックで拡大表示]

 Googleは2015年6月から、米国で「Project Fi」を始動した。Googleはこのプロジェクトを試験的に展開するとし、地域ごとに人数を限定してサービスを始めた。このため、プロジェクトへの参加は、Googleから招待状が必要となる。筆者も申し込みをしていたが、やっと招待状を受け取り、Project Fiを使い始めた。サポート対象デバイスはNexus 6で、Project Fi専用SIMカード(上の写真)を挿入して利用する。SIMカードはクリップ止めされており、これを使ってスロットを開ける。

 実際に使ってみると、Project Fiは近未来の通信網と言っても過言ではないと感じた。LTEやWiFiなど異なるネットワーク間で、最適な通信網を選択し、サービスを途切れなく利用できる。筆者の場合、屋内では通話やテキストメッセージはWiFi経由でやり取りし、屋外に出るとGoogleの移動体ネットワーク「Fi Network」に接続された。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら